格安航空会社(LCC)って、実際どうなの?

05PHBI08

「格安航空」や「LCC(Law Cost Carrier)」という言葉が世間に広まってしばらく経ちますが、「興味はあるけど利用するのはためらう…」「普通の航空会社と何が違うの?」など、まだまだ利用したことのない方の声を多く聞きます。

そこで、LCC利用回数5回以上の筆者が普通の航空会社と比べて「LCC、実際どうなの?」という疑問にお答えします。
最初にズバリ言ってしまうと、「LCCはオススメ!」です。

理由は、なんと言っても航空券が安い。
この一言に尽きます。
もちろん多少のデメリットはあるのですが、使い方次第では非常にお得な移動手段です。

ではここで、デメリットと出来る限りの対策を挙げてみたいと思います。

A:シートが簡易的なので、疲れやすい
シートは決して座り心地は良くありません。
ちょっと立派なパイプ椅子…いや、もう少しいいかな、というイメージです(笑)ただ数時間のことなので、シートについては少しだけ我慢しましょう…

B:食事や飲み物は別料金
普通の航空会社では無料で機内食や飲み物のサービスがありますが、LCCでは水も有料です。
搭乗前に空港で購入しておく必要があります。

C:搭乗ゲートが遠い
空港にもよりますが、LCCの場合は感覚的にゲートが遠いことが多いです。
空港の一番奥まで歩かなければいけなかったり、ゲートを通ってからバスで移動したりします。
これも安さのためと思って、少しの我慢ですね。

D:映画や音楽などの娯楽サービスがない
普通の航空会社だと新作映画が観られることもありますが、LCCの座席にはスクリーンもありません。
「機内で映画を観るのが楽しみ」という方には残念なポイントですね。
機内で退屈しないように、本などを持っていくことをおすすめします。

E:荷物の重量制限が厳しい
これが最大のデメリットかもしれません。手荷物も含めて重量制限があり、1kgでもオーバーすると超過料金が発生します。
荷物は最小限に留めるか、どうしても荷物が多くなってしまう場合は航空券購入時にネットで超過料金を先払いすると割安になる航空会社もあります。

さて、いくつかデメリットを挙げてみましたが、いかがでしょうか?
余分なサービスをなくして、できる限り安く提供しようという格安飛行機チケットLCCの意気込みが伺えますね。

あくまで感じ方は人それぞれですが、目的は行き先まで移動すること。

サービスや不便さを数時間だけ我慢すれば、LCCを利用しても同じ場所にたどり着くことができます。
旅行をおトクに楽しみたい方、ぜひLCCも検討してみてくださいね♪

タイ基本情報 Q&A

<タイ基本情報>
正式名称:タイ王国
首都:バンコク
民族:タイ族75%、華人14%、その他マレー族、クメール族、カレン族、ミャオ族、八尾族など11%
面積:514000㎡(日本の約1.4倍)
宗教:仏教徒95%、イスラム教徒4%、その他キリスト教徒、ヒンズー教徒など1%
日本との時差:−2時間

Q.気候や服装は?
タイは熱帯に属するため、一年中夏のような気候です。
3〜5月は暑季、6〜10月は雨季、11〜2月は乾季と分けられますが、年間通して最高気温が30度を越えます。
雨季は雨の日が続く場合もありますので、この時期のタイ旅行には折りたたみ傘を持参しましょう。
外は暑いですが、屋内は冷房が効いていて寒く感じることもありますので目的地によっては上着があった方が良さそうです。

Q.現地で話されている言語は?
公用語はthai語です。
観光地とかは簡単に英語を使う人もいて話ができるばあいもありますが、あまり期待しない方がいいかもしれません。訪問先やホテルの住所は控えておいて、困ったときには見せたらわかってもらえるようにしましょう。

Q.観光するために、ビザは必要?
観光目的で旅券の有効期限が半年以上あり、往復の航空券を持っていればビザは必要ありません。タイに入国する際に帰りの航空券を持っているかどうかを確認されますので、証明できるもの(航空券予約完了メールやEチケットなど)を持参するようにしましょう。

Q.チップは必要?
基本的にはあまり必要ありませんが、何かサービスを受けたときは10〜200バーツ程度を渡しましょう。

Q.無料Wi-Fiスポットはある?
バンコクではカフェとかでWi-Fiを繋げられるところが徐々に増えています。
お店の人にパスワードを聞けば繋ぐことができます。
ただやはり他の都市にも移動する場合は、ルーター持参した方が安心できるかもしれません。

Q.観光の際に気をつけることは?
よくあるのは料金のぼったくりです。観光の移動に便利なTAXIやトゥクトゥクは、日本の感覚で利用するとトラブルに巻き込まれることがあるので注意しましょう。
まず運転手がしつこく声をかけてくる場合は、旅行者を目当てにぼったくりもあるのでなるべく避けましょう。
タクシーは乗ってから行き先を告げて、料金が発生しているか確認します。メーターが作動しなかったと嘘をついて降りるときに多額な料金を請求してきたり、メーターを改造してぼったくりしてきたりする可能性がありますので細心の注意が必要です。

トゥクトゥクは乗る前に行き先を告げて、事前に料金を交渉します。
やはり旅行者には高めの料金を提示してきますので、すぐに受け入れずに値切り交渉をするか、他の運転手と比較してから決めるのが望ましい

LCCでタイを遊びつくそう!

日本からタイへ旅行するにはやはりバンコク往復が便利ですが、タイにはバンコクだけではなく多くの魅力的な都市があります。
そんな他の都市への移動は、バンコクからLCCの利用が便利。
今回は一番使いやすいLCCのノックエアに着目しながら、魅力的な都市は教えますね

ノックエアとは…
「ノック」はタイ語で鳥の意味。
タイ国際航空傘下のLCCで、2013年にタイ株式市場へ上場してからタイ国内のLCC路線を牽引しています。
ピンクと黄色の鳥のプリントが鮮やかな機体で、旅の気分を盛り上げてくれます。
予約は公式サイトからできます。
日本語に対応しているので安心ですね。

■チェンマイ
タイの北部に位置する「美しい古都」と言われるチェンマイ。
タイシルクや漆器などの、最近ではそれらを国内外のデザイナーが現代風にアレンジした雑貨や洋服も流行しています。

他にもチェンマイ郊外の山岳地帯ではトレッキングツアーに参加することも可能で、少数民族の暮らしを体感できます。
また、毎年12月にはチェンマイマラソンが開催されており、日本からも年々参加者が増えています。
移動方法:バンコク(ドンムアン空港)→チェンマイ・所要時間:約1時間10分・便数:1日7便

■プーケット
タイ南部にあるタイ最大の島。リゾート地として世界的にも有名です。
乾季と暑季がベストシーズンで、ビーチもマリンスポーツも思いっきり楽しめます。
綺麗なビーチでゆったり時間を過ごすのもよし、ラフティングやエレファントトレッキングなどでアクティブに過ごすのもよし。
日頃の疲れが癒されること間違いなしです。

 <移動方法>
バンコク(ドンムアン空港)→プーケット
所要時間:約1時間20分
便数:1日8便

■ウドンターニー
ウドンターニー県は、タイ東北部にある県の一つ。
東へ50kmいくと世界遺産にも登録されている遺跡などもあり、紀元前の貴重な遺跡が見学できます。
また、南東へ約43kmいくと「紅い睡蓮の海」と呼ばれる湖があります。

この湖は毎年12月から2月頃にかけて紅い睡蓮の花が水面を埋め尽くして非常に幻想的です。
バンコクの市内とは違った落ち着いた雰囲気を味わえる場所です。

 <移動方法>
バンコク(ドンムアン空港)→ウドンタニー
所要時間:約1時間15分
便数:1日5便

いかがでしたでしょうか?ノックエアは便数も多く、他にも様々な都市への航路が就航しています。
上手にLCCを利用して、タイを遊び尽くしましょう!

女子におすすめ情報4選♡タイでもっと綺麗に!オシャレに!

タイには女子に嬉しいお洒落なスポットや綺麗になれる場所がたくさんあります♪
今回はバンコクを中心に、女子のために厳選した情報をお届け!
マッサージ、ブランチ、お土産、スイーツ…気になるものはぜひチェック!

A:マッサージで疲れを癒す♡「Healthy Land」
タイといえばタイマッサージ!
街のいたるところでマッサージ屋さんを見かけます。
どのお店も日本に比べれば料金は断然安い!
観光をしていると疲れるので、筆者も旅行中は毎日一回必ずマッサージ屋さんに入っていました…
そんな私が一番おすすめするのは、「Healthy Land」のマッサージ。
店内は高級感があってサービス抜群、技術も言うことなしです。
贅沢に2時間コースを選択しましたが、気持ちよすぎてほとんど夢の中で過ごしました…
料金も安いので、ぜひ「Healthy Land」で旅の疲れを癒してくださいね。

B:ゆったりお洒落にブランチ★「KARMAKAMET」
タイ料理も美味しいけど、ちょっと違う気分を味わいたい…
そんな女子に行ってほしいのが、タイ王室御用達のアロマブランド「KARMAKAMET」が経営するダイニングレストラン。
ナチュラルな雰囲気の店内にはほのかにアロマの香りが漂い、ゆったりしたひと時を楽しむことができます。
メニューはこだわりのパンケーキやオムレツなど、ブランチにぴったり。
レストランの隣にはショップもあるので、気に入ったらアロマを購入することもできます!

C:ちょっとリッチに自分へのご褒美「Panpuri」
タイ発祥のアロマブランドはたくさんありますが、自分へのご褒美には「Panpuri」がおすすめ。
材料はオーガニックを使っていて、品質と香りが抜群です。

ちょっとお高めですが、せっかくの旅行ですから少し贅沢にいきましょう。
旅行後もしばらく使えますし、毎日使って綺麗になることでテンションもあがるし…と、筆者も自分にたくさん言い訳をしながら購入しました(笑)

D:マンゴースイーツで南国気分♪「Mango Tango」
美味しい果物が豊富なタイ。「Mango Tango」はマンゴーに特化したスイーツ専門店です。
マンゴープリン、アイス、ドリンクなど、どれも美味しそうで迷ってしまいます…!
暑いときにはぜひ、マンゴースイーツで南国気分に浸りましょう♪他にも女子にとって魅力的な情報が盛りだくさんのタイ。
日本よりもリーズナブルに色々楽しめるのが魅力です。

ぜひ現地でも見て回って、素敵な旅にしてくださいね♪

絶対行くべき!本場バンコクでタイ料理を習おう♪

タイ旅行に行ったら楽しみのタイのごはん。もちろんレストランや屋台で楽しむのも良いですが、タイには現地の方に直接教えてもらえるお料理教室がたくさんあります。ここでご紹介するのは、バンコクにあるコストパフォーマンスが高くて人気のお料理教室です!

A:まずはサイトから事前予約!
公式サイトから予約を事前に予約をします。
曜日によって食べれるものが異なりますので、自分の作りたいメニューが体験できる日を選びましょ♪
予約確認のメールが届きますので、念のため保存して当日も見られるようにしておきます。

B:指定の場所に集合♪
当日はスタッフの方が指定の駅まで迎えに来てくれるので安心です。
集合時間が近づくと、同じく参加者らしい方々がちらほら。
スタッフの方は赤いエプロンをしているのでわかりやすいです。
時間になったら車で教室まで向かいます。

C:調理の前に、市場で食材調達!
最初に基本的な説明を受けたら、歩いて教室の近くにある市場へ。
市場には日本では見たことのないようなカラフルな野菜や珍しい調味料などがズラリ。
スタッフの方が食材について一つ一つ丁寧に説明してくれます。

D:いざ、調理開始!
市場から教室に戻ったら、いよいよ調理開始です。
筆者が体験したのは、レッドカレー、海老チャーハン、トムヤムクン、マンゴーともち米のデザート。
市場で調達した食材を使いながら、一品ずつ作っていきます。
レッドカレーはペーストから作ったり、チャーハンはトマトの皮でバラの飾り付けを作ったり、タイらしい本格的な雰囲気を味わうことができます!

E:試食タイム♪
すべての調理が終わったら、みんなで試食です。
味は…もちろん大満足!しっかりと食材の説明を受けたので、「この辛さはあの小さい唐辛子から出ているのか」「この香りはレモングラスだな」など、ただ美味しいと思うだけでなくより深く味わえるようになりました!周りの参加者は香港、韓国、アメリカなど、からくるので、コミュニケーションをとりながら楽しくタイ料理を学べました!

スタッフの方々もとても優しく、不明なことはサポートしてくれるので安心です。
観光スポットを回るだけでは物足りないという方、大好きなタイ料理を自分で作れるようになりたいという方、ぜひお料理教室で本場のタイ料理作りにチャレンジしてみてくださいね♪タイの観光スポットとして有名なのは王宮や寺院。寺院を廻って特有の雰囲気を味わうのは必要です。
今回は筆者が実際に行ったタイの首都バンコクのおすすめスポットを3つご紹介します♪

おすすめスポット① 《サイアムニラミット》
タイの歴史を「見て学べる」ショーです。
レストランも併設しているので、食事をしてからゆったりショーを楽しむことができます。

帰るときは出口を出て右手に進むと、送迎車が停まっています。
無料で乗れます。

◼基本情報
住所:19 Tiamruammit Road, Bangkok 10320,Thailand
おすすめスポット② 《ナイトマーケット》
食べる・飲む・買うが揃う若者で賑わうナイトマーケット。
日本のお祭りのような雰囲気で、あちらこちらで音楽が流れています。
おすすめスポット③ 《料理教室》
最近では日本でも人気のタイ料理。
もちろん本場の味をお店で堪能するのも良いですが、思い切って自分で作ってみるのはいかがですか?
筆者が訪れたのは、「シーロム タイ料理教室」。
ここでは1度に4品の料理を学ぶことができます。
メニューは曜日や時間によって異なりますが、私はトムヤムクンやレッドカレーなどを教わりました。
予約は公式ホームページから行いましたが、メールの返答も早く、当日は指定の駅までスタッフの方がお迎えに来てくださるので非常に安心でした。
調理にとりかかる前にグループ10人ほどで市場に行き、スタッフの方から食材の説明を受けます。
タイ料理には日本では見かけない食材を多く使いますが、目で見て触って匂いをかいで、体感しながら学べるのでとても楽しかったです