タイ基本情報 Q&A

<タイ基本情報>
正式名称:タイ王国
首都:バンコク
民族:タイ族75%、華人14%、その他マレー族、クメール族、カレン族、ミャオ族、八尾族など11%
面積:514000㎡(日本の約1.4倍)
宗教:仏教徒95%、イスラム教徒4%、その他キリスト教徒、ヒンズー教徒など1%
日本との時差:−2時間

Q.気候や服装は?
タイは熱帯に属するため、一年中夏のような気候です。
3〜5月は暑季、6〜10月は雨季、11〜2月は乾季と分けられますが、年間通して最高気温が30度を越えます。
雨季は雨の日が続く場合もありますので、この時期のタイ旅行には折りたたみ傘を持参しましょう。
外は暑いですが、屋内は冷房が効いていて寒く感じることもありますので目的地によっては上着があった方が良さそうです。

Q.現地で話されている言語は?
公用語はthai語です。
観光地とかは簡単に英語を使う人もいて話ができるばあいもありますが、あまり期待しない方がいいかもしれません。訪問先やホテルの住所は控えておいて、困ったときには見せたらわかってもらえるようにしましょう。

Q.観光するために、ビザは必要?
観光目的で旅券の有効期限が半年以上あり、往復の航空券を持っていればビザは必要ありません。タイに入国する際に帰りの航空券を持っているかどうかを確認されますので、証明できるもの(航空券予約完了メールやEチケットなど)を持参するようにしましょう。

Q.チップは必要?
基本的にはあまり必要ありませんが、何かサービスを受けたときは10〜200バーツ程度を渡しましょう。

Q.無料Wi-Fiスポットはある?
バンコクではカフェとかでWi-Fiを繋げられるところが徐々に増えています。
お店の人にパスワードを聞けば繋ぐことができます。
ただやはり他の都市にも移動する場合は、ルーター持参した方が安心できるかもしれません。

Q.観光の際に気をつけることは?
よくあるのは料金のぼったくりです。観光の移動に便利なTAXIやトゥクトゥクは、日本の感覚で利用するとトラブルに巻き込まれることがあるので注意しましょう。
まず運転手がしつこく声をかけてくる場合は、旅行者を目当てにぼったくりもあるのでなるべく避けましょう。
タクシーは乗ってから行き先を告げて、料金が発生しているか確認します。メーターが作動しなかったと嘘をついて降りるときに多額な料金を請求してきたり、メーターを改造してぼったくりしてきたりする可能性がありますので細心の注意が必要です。

トゥクトゥクは乗る前に行き先を告げて、事前に料金を交渉します。
やはり旅行者には高めの料金を提示してきますので、すぐに受け入れずに値切り交渉をするか、他の運転手と比較してから決めるのが望ましい